作品ギャラリーGALLERY

ディンプルアート作品です。

随時、作品を掲載していきます!

 

【 ロンドン展示会 】

 

2018年イギリス・ロンドン展示会出展作品

 

☆ タイトル ”Eternity” ~永遠~

 

 

<制作において>

光栄なことにアート関連の企業様から直接お声がけをいただきました。

ディンプルアートを海外の方にも知っていただくいいチャンスだと思い

お引き受けし精根込めて制作しました。(サイズは50×70)

 

ほわっとしたしあわせ感を出したくて淡い色でまとめ

ベールもディンプルアートカラーを使用して得意?!の立体で制作。

ベールにはスワロフスキーを散りばめ

ドレスには白のふちどりで細かい模様を施しより豪華に!

             

<現地ロンドンでの作品への反応>

・美しく複雑で繊細なデザイン

・色使い・形・デザインがきれい

・あたたかく愛情をかんじる

・オリジナリティにあふれる

・伝えたいことが明確

・立体にできることに驚いた

 

<ディンプルアートに関しての反応>

・エコ・材料の循環その技術に感心した

・リサイクルの絵の具という現代社会に一番必要とされるアート

             

悩みに悩んでこのモチーフにしましたが

展示された日がヘンリー王子のロイヤルウェディングの翌日という奇跡が!!

制作時点では知らなかったので本当におどろきました!

たまたま時期が良かったのでロンドンの方々の反応もよく

がんばって制作して良かったです♡

 

 

【 ディンプルアート・インストラクター全国作品展示会 】

 

 

2014年「最優秀賞」受賞作品

 

☆ タイトル「胡蝶蘭」

 

 

<制作において>

他の画材に頼ることなく、ディンプルアートの性質を存分に生かした

立体にチャレンジ。誰もチャレンジしていないことに敢えて挑戦。

制作期間3か月。

 

 

<協会からの寸評>

高い創作力・技術力を駆使し、ディンプルアートの特長を

最大限に生かした工芸アートであり、もっとも優れた作品

 

 

【 ディンプルアート・インストラクター全国作品展示会 

 

 

2014年「最優秀賞」受賞作品

 

☆ タイトル「胡蝶蘭」

 

 

<制作において>

他の画材に頼ることなく、ディンプルアートの性質を存分に生かした

立体にチャレンジ。誰もチャレンジしていないことに敢えて挑戦。

制作期間3か月。

 

 

<協会からの寸評>

高い創作力・技術力を駆使し、ディンプルアートの特長を

最大限に生かした工芸アートであり、もっとも優れた作品

 

 

 

【 ディンプルアート・インストラクター全国作品展示会 】

 

 

2015年「創作大賞」受賞作品

 

☆ タイトル「光の宮殿

 

 

<制作において>

昨年の最優秀作品の胡蝶蘭に続いての立体作品。

人工の光で透過させて、ディンプルアートの「ディンプル模様」を強調。

透過具合に合わせて、紫色の濃度を微妙に調節。

ディンプルアートカラーをフィルムとして使うには

極薄なために破れてしまうので、曲面への貼り付けは大変難しいのですが、

あえてチャレンジ。

世界遺産「タージ・マハル」をイメージして制作。

 

<協会からの寸評>

インドにある世界遺産建造物「タージ・マハル」とモチーフにした大作であり、

肉薄のDAフィルムを、あたかも人間の皮膚のように曲面に張り付けていく技法は見事であり、

透過光による紫色のDA模様が神秘的

 

 

この「光の宮殿」ですが

2018年~岡山にある国際美術研究所で

常設展示されることになりました!

 

*国際美術研究所HP*

 

ディンプルアートは光を透過出来るので

自然光や人工光の透過でまるで

ステンドグラスのように輝きます。

写真ではわかりませんが、

中心部にLEDを内蔵させていて、

更にディンプルアートカラーを回転させ

色の変化で動きを出しています。

左の写真のような表情になります!

左上から時計回りに中心部分が

黄⇒赤⇒緑⇒白と変化!後ろの壁も~!

 

この作品を見た人に

「ずっと見ていたい・・・」

そう思ってもらえたら~とそんな思いで作りました。

 

この度はご縁があり国際美術研究所で

展示という大変光栄なお話をいただき

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

たくさんの方に見てもらえると嬉しい♡

 

 

【 自由作品 

 

 

☆ タイトル 「出会い」

 

 

ディンプルアートの資格を取得するための過程で制作した「自由作品」

初心を忘れないためにも、まだまだバンビのように歩き始めたばかりだけれど

頑張ろうという思いを込めて♡

 

 

<制作において>

ガラス全体に描いています。

光を透過させて見せていますので、バックがうっすら見えます。

 

表面がボコボコしているのが分かるかと思いますが、

これはディンプルアート・カラーの特長で、

乾くと自然に、ステンドグラスのような凹凸が現れます!世界に一つだけの作品ですよ。

 

バックのブルーも濃淡をつけて、またところどころにグラデーションもしています。

気に入らなければ、何度でもはがしてやり直しができます!

 

私の初めて制作した「ディンプルアート作品」です。

 

 

【 窓にアイビー 】

 

ディンプルアート・カラーは、透過できる絵の具ですので、

ご覧のように窓に貼ることも出来ます!

 

出窓だったり、ちょっとした明かり取りの窓にアクセントとして☆

 

「直射日光があったても大丈夫ですか?」と、よく聞かれますが、「大丈夫です!!」

 

ディンプルアートは、

自動車のフロントガラスのリサイクルから生まれたエコな絵の具ですので、

「耐熱性」に優れています。

 

このアイビー、場所を変えたり、直射日光の当たる場所に3年ほど貼っていますが、

はがれたり、溶けたり、色あせたりせず、綺麗なままですよ~☆

 

【 窓をイメージチェンジ 】

 

足元の小窓から

日差しや外に置いてあるものが見えたりするのが気になったので

ディンプルアートでアクセント!

 

 

売ってるものだと

自分の好きなサイズ・デザイン・色が

なかなか見つからない。。。

 

 

ならば!と自分の好きな絵柄を描いて

ロールカーテンと同色に自分で着色!

 

 

左・・・夜の部屋の明かりで見た感じ

右・・・昼間の自然光

 

違う雰囲気で一度で2度楽しい~♡

 

【 布にも描けます 】

 

ディンプルアートは、布にも描くことが出来ます。

しかも、洗っても色落ちしません!

 

ですので、お子様の上靴へのネーム入れ&模様入れ、エコバッグ、ランチョンマットなどなど。

洗濯したいものに描いても、色落ちませんのでとっても魅力的~☆

 

ただ、布ですので絵の具は浸透していきます。

ですので、ディンプルアートの特長である「凹凸」は現れません。

 

布の場合、洗っても落ちませんので、やりなおしができません。

布の質によっては、浸透具合も違いますので、試して頂いてから制作して頂くことをおすすめします。

 

作業中に服などに付くと落ちませんので、制作時にはくれぐれもお気をつけて下さい。

 

【 クジャクと桃の花 】

 

 

透過させずに、額縁に入れた作品。

分かりにくいですが、ところどろころにキラキラビーズを貼っています。

光が当たった時に、とても綺麗です。

 

クジャクも花も、グラデーションしています。

 

 

背景は敢えて塗らずに、バックを和紙やカラー紙に変えたりして

印象を変えて楽しんでいます。

 

【 白馬 】

 

 

クリアファイルにちょっとアクセント!

ファイルに直接描いています。

 

 

「金のふちどり」を使って、メルヘンな感じを出しました。

 

 

何の変哲もないファイルも華やかになります☆

 

【 スマホカバーにもディンプルアート 】

 

 

毎日持ち歩くスマホ。カバーを変えて気分転換!っと思っても、

毎回買い替えるのは大変!

 

でも、ディンプルアートでシールとして貼れば、

その時の気分で、好きな柄に変えられます。

 

 

 

左)イチゴ柄(黒のふちどりあり)  

 

右)マリメッコ柄(ふちどりなし技法)

 

 

ふちどりのあるなしで、印象も変わります~☆

 

 

【 ティッシュボックス Tissue box 】

 

 

ディンプルアートの色鮮やかさを活かした作品!

ふちどりは「ゴールド」

 

すべてに色違いのお花のデザイン

 

お気に入りです♡

 

 

 【 手帳 2017 】

 

       

酉年なので・・・ハチドリをモチーフにしてみました!

 

色んな色でグラデーション!

どんな感じで混ざり合うかはお楽しみ~♡

二度と同じものは出来ません。

世界にひとつだけの「わたしの手帳」

 

どちらかと言えば寒色系が好き!

         

ハチドリの色合いをいいね~って

いってもらえることが多かった作品!

ディンプルアート作品集♡part-1♡  ☆Click☆